2022TEAM SLOGAN 【PRIDE】

ブログ -ラストブログ- 4年 誉田泰雅

-ラストブログ- 4年 誉田泰雅

東京農業大学男子ラクロス部DFリーダーの誉田泰雅(ほんだたいが)と申します。平素より農大ラクロス部への多大なるご支援、ご声援を頂いております全ての方々に、この場をお借りして感謝申し上げます。

稚拙な文章ではごさいますが、
・自分がこの4年間で得たもの
・たくさんの人への感謝
を伝えさせていただきます。どうぞお付き合いください。

まずは自分が4年間で得たものについて。

僕には大きな人生のターニングポイントが2つありました。それは「受験失敗」と「ラクロス部への入部」です。

実のところ僕は「二浪」をしています。つまり現在24歳。医学部を目指して、3度大学受験をし、3度落ちました。
小さい頃からさほど勉強しなくてもいい成績が取れていた上、両親は共に医師、兄も医学部だったために、自分は天才だし当然医師になるものだと思って疑いませんでした。

しかし蓋を開けてみれば3度の不合格。
浪人中には躁鬱状態を繰り返していました。
中学の反抗期から長らく軋轢のあった母親と言い争いになると、発狂したり壁に頭を打ち付けたりしていました。まるで猿みたいですね。
そんなこんなで、革のベルトをカーテンのレールに結び、何度も首を通しましたが、乗っている椅子を蹴ることができませんでした。そして自分の意志の弱さにまた絶望していたのです。

結局のところ、この時点で僕に残ったのは自分を守るための陳腐なプライドくらいでした。

これが1つ目のターニングポイント。

そして2つ目が「ラクロス部への入部」

当時、抜け殻のような状態で入学した僕は、良くも悪くも芯というものが一切なかったため、友達が行くサークルの新歓ににフラフラとついていく生活をしていました。

そんなある日、ラクロス部の体験会に、まーさとたいせいに何となく付き添う形で参加しました。
当時4年生だったみのるさんが、ラクロスについて教えてくださいました。戦術の多様さ、個人の特徴の活かし方、ラクロス特有のスピード感。抜け殻だった自分にはあまりにも興味を惹かれる内容でした。
最大の決め手となったのが、みのるさん自身が千葉から2時間以上かけて練習に参加していること。それだけの労力をかけてでも4年間やり続けられるような魅力がこのスポーツにはあるのかもしれない。そう思いました。

こうして農大ラクロス部に入部したのです。

さて、こんな書き方をすると「はいはい、入部で人生が明るくなったのね」と言われてしまいそうですね。

そんなことは全くありません。

正直、振り返るとラクロスやってて楽しい時間って本当に一瞬だと感じます。
苦しい、大変だと感じる時間がほとんどです。

入部したけど朝は辛いし、二浪で肥えきって動かない身体だから、みんなについていくのに精一杯。おまけに貧血でよくぶっ倒れるし、授業はクソほど眠い。
自主練も筋トレもめんどくさいし防具は高いし臭いし。
膝は定期的に爆発して激痛が走る。

ダッジがきれないからオフェンスを諦め、DFしかできない。ロングを持ったはいいもののグラボが全く拾えない。上級生とやらせてもらえてもミスばっかで怒鳴られる。

2020シーズンはやっとの思いでレギュラー取れたのにコロナで特別大会のみ。そもそも普通の練習自体ができなくてもどかしい思いをしていました。
そして、母親がある種のガンであることがわかり、実家との往復も増えたことで心に抱える不安ごとが膨らむばかり。

2021シーズンは勝てないチームと、他のメンバーの向上心とのギャップで死ぬほど悩みました。なんで負けてるのにコイツらは練習しないんだろう。なんでこんなに頑張ってる人が同じチームにいるのに心が痛まないんだろう。そんなことを思っていました。

2022シーズンでも、もちろん辛いことばかりでした。DFリーダーとして、育成として、悩むことが多すぎて、たまに浪人時代に持っていた、部屋の中で1人、壁に頭を打ち付ける癖がちょくちょく顔を覗かせていました。DFの実力不足でチームが不安定な中、主力2枚の離脱は正直めちゃくちゃ辛かったです。なにより、いつも頼っていたバイサイ2人だったからこそ余計にダメージがありました。

そしてリーグ戦が近くなり、気持ちが高まってきていた2022年8月7日、3年間の闘病生活を続けていた母親が亡くなりました。散々迷惑をかけた母親に対した親孝行もできないまま、別れることとなりました。この1ヶ月間、母親のいなくなった実家と、同時期に歩くのが困難になった祖父母の手伝いのために、奔走していました。
リーグ戦のこと、実家のこと、チームのこと、育成のこと、いろいろなことが重くのしかかって、キャパ的には相当ギリギリでした。

、、、、とまぁここまでタラタラと辛かったことを並べてきましたが、この4年間、結局僕の人生は不幸だったのか?と言われれば、自信を持って違うといえます。

こんな状況でもラクロスを続けさせてもらえて、なんだかんだ身体は健康だからプレーし続けられる。
いつも気にかけてくださるコーチ陣やOBOGの方々、生意気だけどかわいい後輩たち、そしてなによりクソほど頼れる同期がいる。

これを幸福と呼ばずしてなんと呼びましょうか。

たしかに辛いことはいくらでも書けます。
でもそれは不幸ではない。

前置きが長くなりましたが、結論、この4年間で自分が得た最も大切なもの。
それは「自らが幸福であることを認識できる知性と理性」です。

これからまだまだ先のある後輩たちにが、いずれこれに気付くことを願って止みません。

この話がリーグ戦になんの関係があるの?というところですが、すみません、対して関係ありません。

ただ、このメンタルでいるからか、自分が負けるビジョンがイマイチ見えないのです。根拠のない自信があります。
だから勝ちます。以上です。
まとめ方がヘタクソですみません。

ここまでお付き合い頂きありがとうございました。
これ以降は個人レベルでの感謝を書かせていただきます。

まずはコーチ陣に多大なる感謝を。
いつも僕たちに期待してくれ、励ましてくれ、そして沢山の「縁と知識」をいただきました。

特に三浦さん。
DFとして大変お世話になりました。今も昔もヘタクソな僕を、一切否定せずいつもポジティブな言葉をくださったことが、何よりもありがたかったです。おかげで今では少し傲慢になれるくらいの自信がつきました。笑

そしてみっちーさん。
今年の農大の変化の起爆剤は確実にみっちーさんです。みっちーさんがカナダではなく農大を選んでくださったことに対する最大の恩返しをこのリーグ戦で果たします!

次に先輩方に。

みのるさん。
実は今まで伝えたことはありませんでしたが、僕が入部を決めたのはみのるさんのおかげです。体験会でみのるさんがラクロスの面白さを説いてくれた事、そしてラクロスは千葉から2時間以上かけて通ってでもやる価値のあるものだと感じさせてくださったことに本当に感謝しています。

なおきさん。
これも伝えたことはありませんが、なおきさんからDFの魅力についてコッソリ学ばせていただきました。当時の66や試合の中で、うたきさんが豪快なプレーをする裏方でなおきさんがそのカバーやケアをしているのを見ていて、自分もこんなクレバーなプレイヤーになりたい!と常々思っていました。

せいやさん。
最初はクソ怖かったけど、エースだったせいやさんがモブの1年だった僕まで気にかけてくださったことがラクロスをやる上で半端ないモチベーションになっていました。大当たりを奢ってくださったあの時があったからこそ、今自分も後輩に報いなければと思うことができています。勝手にいただいたゴールパフォーマンス、リーグ戦でかまします。

たかやさん、しゅんさん。
DFも私生活もクソお世話になりました。コロナ活動もままならない中で、人数が少ないながら、奮闘する様子を見て、いつも勇気づけられていました。特別大会でしゅんさんが「後輩のミスをカバーするのが俺たちの仕事!」と言ってくれたからこそ、強い気持ちで試合に臨めました。たかやさんがアホほどテンション高く声を出すからこそ、奮い立たされていました。

じょのさんとわっつぇさん。
いつも舐め腐っていて生意気な後輩でごめんなさい。でも、2人の壁を感じさせないキャラのおかけでDFの雰囲気はいつも和んでいました。一緒にDFすることがとても楽しかったです。
2人とも苦労しつつの現役時代でしたが、折れずにいてくれて本当にありがとうございました。

たっさんとりゅうさん。
去年の背中の安心感は半端なかったです。ボコスカ抜かれたのに散々セーブしてくれて本当にありがとうございました。それとロペス、クソ上手くなってますよ。

そんでもって同期へ。
長くなりそうなので簡潔にまとめます。年齢2個も離れてる俺を受け入れてくれてありがとう。一瞬たりとも年上の俺を敬わないあたり、好きよ。もう少しだけ、このうざったいおじさんにと頑張ろうね。

さて最後に、たいせいとまーさ。
お前らに出会わなかったら俺は多分、既にこの世にいないか、ゴミクズのような人間になっていた。あの時、俺をこの世界に連れてきてくれて本当にありがとう。バイサイボトムは永遠に不滅です。

冗談抜きで長すぎましたが、この辺で閉じさせていただきます。ありがとうございました。

大場萌 記事一覧

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。* の項目は必須項目となります。

関連記事

LATEST NEWS 最新情報
SNS
FACEBOOK

【2020特別大会vs法政結果報告及び’20シーズン終了のお知らせ】 常日頃より農大男子ラクロス部にご支援、ご協力頂き誠にありがとうございます。 先日行われました特別大会2戦目vs法政の結果報告をさせて頂きます。 最終スコア0-7で農...

東京農業大学男子ラクロス部さんの投稿 2020年11月24日火曜日
INSTAGRAM
YOUTUBE