2022TEAM SLOGAN 【PRIDE】

ブログ -ラストブログ- 4年 小棚木舜

-ラストブログ- 4年 小棚木舜

平素よりお世話になっております。
今シーズンオフェンスリーダーを務める小棚木舜です。まず初めに、日頃より多大なるご支援・ご声援をくださるOBOGの方々、保護者の方々、学校関係者の方々に感謝申し上げます。

今シーズンのオフェンスリーダーがおれと聞いてみんなどう思っただろう?

オフェンスリーダーといえば、どのチームもユースや代表のような輝かしい選手や、名のある選手が務めていることが多いが、おれは違う。2年次はBチームとして同期の活躍をベンチから眺め、3年次もそんなに点を取れる選手ではなかった。

特に2年次は辛い思いをしたことが多い。同期の数人はAメンバーに入りリーグ戦に出ている中、おれは青学のBチームに大敗、Aの試合に呼ばれたと思えば試合に出れないただのベンチ。

最悪のシーズン。

そんな同じ環境にいたのが長期離脱中のまあさや、そうただった。よく帰り道に、「Aの試合におれらが今日の試合に出たら勝ってたな」など冗談混じりに話していた。3年次は3人で活躍しようと。

3年時には、ようやく試合に出れるポジションを掴み、Aチームの試合にでていた。でも結果はリーグ戦直前まで勝利無し。自分でもっと点が取れればと自分の無力さに落胆していた。その頃から自分の悩みはいつだって点が取れないこと。それで一番に後悔したことはリーグ戦の青学戦である。一部昇格のかかった大一番でショットを2回もためらった。結果は敗北。先輩たちの夢が経たれた瞬間。罪悪感と責任を果たせない自分が悔しかった。

そんな点取れないやつが今年はオフェンスリーダーを務めている。達彦がみっちーさんに「オフェンスリーダーおだしゅんでいいんですか?どうなんですか?」と冗談で話していた。まあやっぱり疑問視される声はあるだろうなと思っていた。

だからこそ、そんな自分を変えるために今年一年でたくさんのことに取り組んだ。

毎朝6時過ぎにはグランドに入り自主練をし、メンタルトレーニングなど今までやってこなかったことにも挑戦した。酒井さんとショットのフォーム改善や筋トレも取り組んだ。

リーダーとしても、リーダーシッププログラムや講演会、本など様々な知識を入れて、チームを引っ張れるよう努力した。農大に必要な年間を通して戦える戦術もみっちーさんをはじめ、多田さんや静谷さんの力も借り導入してきた。

今シーズンは主力がいない練習試合が多かった。だけど、俺は全試合に出てきた。メンタルコーチングで決めたリーグ戦までに15点取る目標も達成した。去年負けたチームにもリベンジを果たした。前回の練習試合で出たショットの反省をもとに、今調子も上がってきた。
だから、せいじやみんなもおれにパスをくれ。一回外しても我慢強くパスをくれ。絶対に決めるから。

やることをやってきたからこそ、今年は勝つ自信がある。点の取れないオフェンスリーダーとは言わせない。

このブログを書いている時、剛さんからLINEがあった。「点を取れなかった去年の悔しさを、今年は爆発させろ。」

今年はやってやる。アスリートとして大きく成長し、飛躍したい。そして農大の歴史を変える。しゅうややたいせいをはじめ、こんなに熱い組織に恵まれたからこそ、勝利に貢献したい。

とはいえ、まだまだ、一部昇格は遠い。6月、7月の1部校との試合の敗戦をみんな忘れていないだろう?リーグ戦を進めていく中でも、まだまだ成長をしなければ1部には届かないと思う。試合に勝つだけじゃなく、練習でもさらに高みを目指そうぜ。

みんなと試合できるのもあと数試合何だろうと思ってます。けど、今が一番楽しい。今シーズンは勝利率が高いし、点もたくさん入る。1試合でも多くみんなと戦いたい。だからこそ入れ替え戦まで必ずコマを進めよう。

絶対いこう。一部へ。

大場萌 記事一覧

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。* の項目は必須項目となります。

関連記事

LATEST NEWS 最新情報
SNS
FACEBOOK

【2020特別大会vs法政結果報告及び’20シーズン終了のお知らせ】 常日頃より農大男子ラクロス部にご支援、ご協力頂き誠にありがとうございます。 先日行われました特別大会2戦目vs法政の結果報告をさせて頂きます。 最終スコア0-7で農...

東京農業大学男子ラクロス部さんの投稿 2020年11月24日火曜日
INSTAGRAM
YOUTUBE