2022TEAM SLOGAN 【PRIDE】

ブログ ラストブログ〜FO穴井英都〜

ラストブログ〜FO穴井英都〜

四年FOerの穴井英都です。

まずはじめに、日々東京農業大学男子ラクロス部を支えてくださっているOB、OGの方々、保護者の方々、学校関係者の方々、誠にありがとうございます。

拙い文章ではありますが、最後まで読んでもらえると幸いです。

今の気持ちを綴ります。

ラクロスを四年間頑張ったと感じると共に、あと少ししかいられないことに、悲しい気持ちも少しあります。

僕は今まで同期や先輩、後輩、家族に本当に支えられました。

みんなに支えてもらってなければ、ラクロスを続けることも出来なかったかもしれません。

本当に感謝しています。

一年生の頃、ATをやっていて、ごうやたかねに勝てないATでした。

それが悔しくて、ゆうたさんに教えてもらったプレーを毎日自主練してました。

そんな中、前十字靭帯断裂という宣告を受け、一年間ラクロスが出来なくなりました。

悔しくて悔しくてたまらなかったし、ごうやたかねを抜いてあすなろで活躍するという目標が見えなくなり、ラクロス部に所属する意味はあるのだろうかと考えるようになってしまいました。

想像以上に辛くて、何度も挫けそうになりました。

ただ、怪我をした時、先輩や同期が励ましの長文メッセージを沢山くれました。入院中にも沢山の先輩や同期がお見舞いに来てくれました。

本当に本当に励みになりました。ありがとうございます。

また、しゅんたろうさんに「絶対辞めないでくれ」

と言われたのは心にすごく響きました。単純ではありますが、この言葉がとても刺さりました。

そこでようやく、こんなにもみんなが期待してくれて、僕を支えてくれていることに気づきました。

怪我をして辛い気持ちも沢山ありましたが、

“ラクロス部に戻りたい”
“みんなが期待してくれている分絶対活躍出来る選手になりたい”

と強く思い、戻ることを決意しました。

みんながいたから、今もラクロスを続けて頑張れています。本当にありがとうございます。

そこから怪我中の一年間、筋トレを本気で頑張り、活躍出来る選手を目指すことにしました。

そして、その筋肉を活かせるであろう、FOerを始めることにしました。

FOerは本当に奥が深く、難しい事だらけでした。

自粛期間毎日クランプして、手元は強くなる事が出来たけど

その後のポゼッションに繋げる事が出来なかったり、

本当に沢山悩んだけど、その分、強くなっていると思います。今は自分なりの答えを見つける事ができたので、勝てるよう本気で頑張ります。

また、FOチームのそーたと真太郎にも本当に感謝しています。

練習メニューを持ってきてくれたり、プレーの細かい部分をどうしたら良いかを考えてくれたり、怪我をして僕がいなくても引っ張ってくれたり、

2人には本当に感謝しています。FOチームを支えてくれて、本当にありがとう。

僕の”ラクロス人生”を支えてくれたみんなのためにも

そして、前十字靭帯に打ち勝って活躍する選手を目指した自分のためにも

絶対に勝って、みんなで笑って終わりたい。

大事なリーグ戦に絶対勝てるよう、手を抜かず頑張ります。

そして最後に、後輩達へ

僕は沢山の人に支えてもらいました。

みんなも支え合いを絶対に忘れないで欲しいです。

プレーヤー、スタッフみんな農大ラクロス部を作る上で必要不可欠な大切な仲間です。

これから色々と大変な事があると思いますが、

相手をちゃんと理解してあげて、困ってる人がいたら助けてあげてください。

支え合いこそがチームをよりよくすると思います。

これからも頑張ってください。そしていつでも相談乗るので頼ってね。笑

大場萌 記事一覧

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。* の項目は必須項目となります。

関連記事

LATEST NEWS 最新情報
SNS
FACEBOOK

【2020特別大会vs法政結果報告及び’20シーズン終了のお知らせ】 常日頃より農大男子ラクロス部にご支援、ご協力頂き誠にありがとうございます。 先日行われました特別大会2戦目vs法政の結果報告をさせて頂きます。 最終スコア0-7で農...

東京農業大学男子ラクロス部さんの投稿 2020年11月24日火曜日
INSTAGRAM
YOUTUBE