2022TEAM SLOGAN 【PRIDE】

ブログ -ウィンターへの意気込み- 櫻井貴章

-ウィンターへの意気込み- 櫻井貴章

「油絵」

正直今年の代の先輩たちは絶対一部に行くと思っていた。しかし、現実は違った。先輩たちの練習姿をみていて、個人的に、今年無理だったらずっと一部昇格なんて無理だと思った。とにかく、現実に納得がいかない。この結果に納得できるような答えが欲しかった。

だけど、何も見つからなかった。

勝てるとはなんなのか、どうすればいいのか。チーム練習に取り組む姿勢?自主練?どちらも大きい要因だと思う。しかし、どうしてもこれだけじゃダメな気がする。グラウンドが使える時間、範囲、ボールの数、選手の数、コーチの存在…何が言いたいのかというとつまり、副次的要素が大きいということ。プレーしている1人でどうこうできる話ではないということ。だけど、こんなこと考えててもしょうがない。現実はこうだから。

今あるものを考える。なったものはしょうがない。考え方を変える必要があると感じた。そこから何を得れたのか、その体験を活かすも殺すも自由だ。
自分を満たすことができればそれでいい。それが波紋のように広がって行く。自分のやりたいことをみんなに伝えれば組織は動く。それが正しいか誤りなのかはやってからでいい。
再度みんなにひとこと言いたい。自分を満たそう。満足いくようにやろう。自分の心に嘘はつけない。色々な人がいたっていいし、いなきゃいけない。自分でそれは違うと思ったのなら、それを直せばいい。
自分の過ちにいつ気づいたっていい。手遅れなことはない。上からだって塗り重ねることができる。その下のものが生きる時だってある。その積み重ねでいいものができて行くんだと思う。

でも、やっぱり、この考えを改める日もくるかもしれない…

大場萌 記事一覧

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。* の項目は必須項目となります。

コメント(1)

関連記事

LATEST NEWS 最新情報
SNS
FACEBOOK

【2020特別大会vs法政結果報告及び’20シーズン終了のお知らせ】 常日頃より農大男子ラクロス部にご支援、ご協力頂き誠にありがとうございます。 先日行われました特別大会2戦目vs法政の結果報告をさせて頂きます。 最終スコア0-7で農...

東京農業大学男子ラクロス部さんの投稿 2020年11月24日火曜日
INSTAGRAM
YOUTUBE